So-net無料ブログ作成
オフザケ ブログトップ

妄想劇場「ファーム主、吟じます」 [オフザケ]

また妄想記事でございます。
今回もまたクダラナイ内容なので、広い心で笑い飛ばせる方のみご覧ください。
特に、最近トーチカをクリアして感動に浸っておられる方は、その感動が台無しになる恐れがありますのでご注意を。

それでは、開幕。(^-^;


舞台は戒ゑのファーム、とある日のこと。

戒ゑ「おーい、フラセール!」

fla.PNG

「どうした戒ゑ、また円盤石でも持ってきたのか?」


「いや、今日は聞いてもらいたいものがあって。」


「聞いてもらいたいもの??」


「エロ詩吟というのがあるだろう。」


「少し前に流行ったな、それがどうかしたのか?」


「あのエロ詩吟のネタを思いついたんで、聞いてもらおうと思ってな。」


「話の展開が強引すぎると感じてるのはオレだけか?」


「吟じます!」


「まだ聞くとは言ってないが。」



「♪街でミニスカートの女の子を見かけて~ぇ~え~」



「オレの同意は必要無いんだな....」




「♪でもよく見たらキュロットスカートだったとき~ぃ~い~」




「............」




「♪なんだかちょっと~~」




「............」





「♪ダマされた気分になるぅ~」




「............」




「あると思います!」




「............」





「.....どうだろう?」





fla.PNG

「.....................あるな。」

そして....


妄想劇場「回復薬の謎」 [オフザケ]

明日から帰省してきます、3日の夜には戻ります、戒ゑです。

戒ゑの妄想による駄文の第2弾です。
例によって、この物語は戒ゑの妄想によるフィクションですので、笑って赦してくださる方のみお読みください。

---------------------------------------

20100501-1.PNG

こんばんは、MFL報道スクープの時間がやってまいりました、司会の白部太郎です。
まずはこちらをご覧ください。

20100501-2.PNG

タウンの道具屋で販売されている回復薬です、ブリーダーのミナサマにはおなじみの商品ですね。
しかしこの回復薬が、どこでどのように作られているのかは、まったくの謎に包まれています。
今回番組取材班はその謎を解明すべく、長期取材を敢行しました。

はたして謎は解明できたのか?
VTRスタート!!

我々取材班はまず、タウンで唯一薬の販売を行っている店の店主を直撃取材した。

「すみません、MFL報道スクープです!ここで売られている回復薬はどこでどうやって作られてるんですか?!」

20100501-3.PNG

「な、なんやあんたらはいきなり?薬の作り方はうちの家系だけに伝わる秘伝や!門外不出ゆ-やつやから誰にも教えられへん!」

「ということは、この店で作られているということですね?」

「しつこいな~、ノーコメントや、もう店締めるから帰り!」

「あ、待ってください!(ピー)さん!(ピー)さぁぁん!」


結局この日はそれ以上の情報は得られなかった、だが回復薬があの店で製造されていることは間違いなさそうである。
我々は周辺住民に聞き込みを行った、その結果、薬の製造について有力な情報を持つ人物と接触することに成功した。

その人物は、素性を明かさない事を条件に、インタビューに応じてくれた。

20100501-4.PNG

「ねえこれ、ホントに顔は出ないんだろうね?バレたら大変なことになるんだからね!」

「声と画像は加工してますから大丈夫です、それよりあなたが知っている情報というのは?」

「少し前の夜、あの店の前を通りかかったんだよ、ふと見たら店の奥から光が漏れてて、いつもは閉まってる奥の扉が少しだけ開いてて、中に人がいるのが見えたんだよ」

「そこで薬が作られていると?」

「山積みになった回復薬が見えたから、間違いないだろうねぇ、それから...」

「それから、なんです?」

「歌声が聞こえたのよ、あの人の声のね、そしてその歌詞に、薬の作り方に関わる秘密が隠されてたってわけよ」

「その秘密とは?」

「もうこれくらいで勘弁してちょうだい、これ以上話すとアタシの身が危ないんでね」


この人物のいう秘密とはどんな内容なのか、我々は答えを求めて張り込みを続けた、そしてついに、問題の歌を聞くことに成功したのだ!

その歌の歌詞にあった薬の製造方法、それは我々の想像をはるかに越えた驚愕の内容であった。

ではさっそく、その歌が録音されたVTRをご覧いただこう!


そんな作り方だったなんて。。。


妄想劇場「VSマイヤさん」 [オフザケ]

※この物語は戒ゑの妄想による創作です。
内容は非常にくだらないので、広い心で笑いとばせる方のみご覧ください。


研究でなかなか獣の純結晶がでないため、研究資材の費用が馬鹿にならない戒ゑは、マイヤさんに直談判すべく研究室を訪れるのであった。

戒ゑ「こんにちはマイヤさん、お話があるのですが。」
maia.PNG
マイヤ「アタシには無いわ」

い、いきなりの会話拒否、負けるな戒ゑ、がんばるんだ!

戒「あ、あの、お話を聞いていただきたいのですが。」

マ「お茶が無いわね」


戒「はい?」

マ「アタシに話を聞いてもらいたいならお茶とお茶菓子は必須よ、そうねえアールグレイがいいわ。」

戒「そんな小洒落たもの、このファームにはありません。」

マ「ないなら買って来なさい!道具屋に行けば買えるわ。」

戒「道具屋ではそんな商品、扱って無かったと思いますが。」

マ「大丈夫よ、マイヤ様のご注文だって言えば売ってくれるわ。」

戒「そんなムチャな!」

マ「ごちゃごちゃ言ってないで、とっとと行きなさい!」

戒「はいー!」


戒「勢いに負けて出てきてしまった、とりあえず行ってみるか。」

miria.PNG
ミリーア「いらっしゃい、まいどでおなじみ、ミリーアちゃんの道具屋やで!」

戒「あの、アールグレイとそれに合うお菓子が欲しいんですが。」

ミ「いきなりMFLの世界観を無視した注文されたら困るなー、冷やかしやったら帰ってんか?」

戒「ですよねー、マイヤ様のご注文だって言えば売ってくれるとか言われたけど、無理ですよねー」

ミ「なんやパシリかいな、にーさんも大変やな、まあそういうことなら何とかしてやらんことも無いけど」

戒「え?何とかなるの?」

ミ「ミリーヤちゃんの流通ネットワークをナメたらあかんで、伊達にタウンの玄関口に店構えてへんっちゅーねん、その気になったらヤバいブツでも何でも調達してみせるで!」

戒「いや、別にヤバいブツは要らないんだが。」

ミ「まあちょっと待っとき、裏ルート駆使してすぐに揃えるさかい。」

戒「裏ルートって、あんた何者?」

数分後。。。。

ミ「お待たせ~、ご希望の品物、揃ったでー」

戒「おお凄い!助かったよ~」

ミ「ええってええって、困ったときはお互い様や!」

戒「いや~ホントに助かったよ~」

ミ「お代は20000SPで~す♪」

戒「えっ、ちょっ、高くない?」

ミ「にーさん、物の値段ゆーのは需要と供給の関係で決まるんやで、富士山の上のほう行ったら缶ジュースが400円になるやん、あれと同じや。」

戒「MFLの世界観を無視した例えはやめなさい!」

ミ「軽いガランカナンジョークやんか、それよりコレ、持って帰らんかったら、マイヤさんにどんな目にあわされるか、おおこわっ、それでもええんかな~?」

戒「くっ、完全に足元見られてる、とはいえ背に腹はかえられん、わかったよ20000SPで買うよ。」

ミ「まいどあり~、今後ともごひいきに~」

戒「恐ろしい店だ。」


戒「ただいま戻りました。」

マ「待ちくたびれたわ、さっさとお茶を煎れて来なさい!」

戒「はいー!(なんでこんなことに)」


戒「お待たせしました。」

マ「うーん、いい香り~」

戒「それで、話というのは。。。。。」

マ「黙りなさい!」

戒「へっ?」

マ「アタシの優雅なティータイムを邪魔するつもり?ちょん切るわよ。」

戒「ま、待ちます!待ってますです!(ちょん切るって何?)」


小一時間後。。。

マ「なかなか美味しかったわ、じゃあね~」

戒「ちょちょちょちょちょちょちょちょちょ、ちょっと待ったぁ!」

マ「何よ、まだ何か用があるの?」

戒「まだって、まだお話を聞いていただいてませんが。」

マ「ああ、そういえばそんな事言ってたわね、何なの、早く言いなさいよ、ノロマね!」

ワタシハコノファームノアルジダッタハズ。。。。

(気を取り直して)
戒「研究の事なんですが、研究資材の費用がかさんでて、このままではファームの運営もままならないので、獣純結晶の書を早く出して欲しいのですが。」

マ「ああ、あれね、なんかイヤなのよね。」

戒「えと、どういう事でしょうか?」

マ「獣純結晶ってさ、名前からして獣臭そうじゃない、アタシのイメージに合わないのよね~」

戒「う。。。(もはや言葉が出ない)」

マ「でもね、そのかわり男高地衣なら100でも200でも作ってあげるわ、あれは簡単だからアニャムーに任せておけばほとんど失敗も無いしね。」

戒「あれは全部アニャムーがやってたんですか?!」

マ「失礼ね、たまには自分でもやったわよ。」

戒「たまには。。。全部自分でやってください、てか、高地衣は要りませんから獣純結晶をお願いします!」

マ「面倒くさいわね、まあ考えておくわ、じゃアタシは食後の散歩に行ってくるから、戻るまでに部屋の掃除しておきなさい、じゃあね。」

とまあいろいろあったものの、ひとまず話はつきましたよね。
マイヤさんも、きっとわかってくれましたよね。

というわけで、いよいよ研究実行の時がやって来ました。
kenkyu.PNG
♪ちゃららん~ちゃららん~ちゃららん~

♪ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん

♪ちゃららん~ちゃららん~ちゃららん~

♪ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん

♪ちゃららん~ちゃららん~ちゃららん~

♪ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん

♪ちゃららん~ちゃららん~ちゃららん~

♪ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん(にゃー)

♪ちゃん!

kekka.PNG


naku.PNG
オフザケ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。